きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

100のリストを書いて気づいたこと

DSC_7043

「100のリスト」を書ききって



どうも、和歌山のおいやんブロガー、きゃろたまです。
暑くなってきたのでちょっと涼しそうな写真をば。
古座川町拝の滝)

 


難産の末に書ききった「死ぬまでにやりたい100リスト!」


50個過ぎてから、圧倒的にスピードが落ち、80個過ぎたところから
もう止めようかと思い、なんとか100個書ききった。

90.折れない心を持ちたい


と書いていたことに気づいたが、たかだか100のリストを作るだけで
心が折れるようでは話にならない。


書くだけでも自分の棚卸しができる



100個も書くと、普段自分がどんな願望を持っているのかを知ることができる。
わたしの場合はおおよそ「勉強したい」系が多いような印象。
そう、勉強は苦にならないのだ。だけども実践はあまり得意ではない。
典型的な学者肌だなと。

100のリストは次へのステップアップのリスト


実はここ最近感じているのが、「専業」がいかに危ういか。
大企業に入っても、定年まで籍を置けるなんてことは思わない方がいい。
それはたとえ公務員であってもだ。


それともうひとつ。今、うさぎ専門店として自営業をしているが、
他にも複数の収入源を確保しておく必要があると思っている。
それはどんな状況下であってもうさぎ専門店を続けるためにね。

さらに、100のリストでやりたいことをピックアップすることで、
「次の一手」も打てるわけだ。


やりたいことを口に出すことの大切さ



人によって、口に出したり、アピールしたりすることが苦手な人もいるだろう。
わたしが説明するよりも、ぴーらっつさんのブログをご覧頂ければ、
ご理解頂けると思う。

わたしが夢を叶えるために行ってきた、たった一つのこと
http://www.pilattu.com/entry/2016/07/02/224257



「あなたの夢は何ですか?やりたいことは何ですか?少しずつ声に出して
 一歩踏み出してみませんか??」