きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

放置自転車?盗難自転車?自宅の敷地に見知らぬ自転車があった時の対処法

f:id:usagiwaka:20170913174214j:plain

 

こんにちは、ブログのネタは生活の中にあふれているよ、和歌山ブロガーきゃろたまです。

 

2017年9月13日(水)、家の石垣にもたれかかるようにして自転車がありました。

もちろん所有者はわかりません。

 

母が午前9時に出かけた時にはありませんでしたが、午後4時にわたしがお客様あての荷物を発送しに出かけるときにこの自転車がありました。

まずは警察に電話

心当たりはもちろんないし盗難の可能性もあるから、まずは警察に電話。
20分ほどして2人のイケメンなおまわりさんが登場!

 

自転車には固有番号が入っていて、それで持ち主が分かることもあるとか。
それと防犯登録をしていれば、持ち主さんがわかるとのこと。

無線で照会するも、該当なし。

おまわりさんが申し訳なさそうに、市道なので市役所さんに連絡してくださいとのこと。お手数おかけしました( ..)"

市役所生活環境課さんへ電話

現況を確認して、告知文を貼らせていただき、1週間たってもそのままの場合は撤去に伺いますとのこと。

自転車の状況は?

空気があまり入っていないし、サドルが錆びていたので長年使ってきたのでしょうか。空気入れを自宅に取りに行ったのか、駅に放置されていた自転車が乗り捨てられたのか、ゴミとして処分したかったのかはわかりません。

もし故意に放置されていたとしたら、迷惑な話です。

もし、あなたの自転車が盗難に遭ったら?

もしあなたが自転車の盗難に遭ってしまったら、まずは最寄りの警察署に相談してください。
また自転車を購入するときには、有料(和歌山県だと600円)にはなりますが、ぜひ防犯登録をしておいてくださいね。

600円で、あなたの自転車を盗難から守ってくれるかもしれないと思ったら、安いものです。

 

今日は日常で起こったできごとからブログにまとめてみました。

 

こんな自転車、素敵だなあ~~