きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

城マニアのきゃろたまが教える 和歌山城の桜撮影スポット15選

f:id:usagiwaka:20170407115157j:plain

こんにちは、お城が大好きな和歌山ブロガーきゃろたまです。

和歌山の桜の名所といえば、絶対に外せない「和歌山城」。

 

和歌山城は、1585年(天正13年)に羽柴秀吉(豊臣秀吉)の命令で築かれたお城で、関ケ原の合戦後は、浅野氏の城として使われ、1619年(元和5年)には徳川家康の十男・頼宣(よりのぶ)が城主となって以降、幕末まで徳川御三家のひとつとして存続します。

天守閣は、太平洋戦争の戦災で焼けてしまいましたが、のちに外観そのままに復元されました。

 

今回、みなさんに効率よく楽しんでもらうために、和歌山城の桜撮影スポットをまとめてみました。

 

※撮影日:2017年4月6日(木)、2018年3月20日リライト

すべて写真はきゃろたま本人が撮影しました。

 

 

 1 追廻門

 

f:id:usagiwaka:20170407114857j:plain

追廻門(おいまわしもん)は、お城の西側にある朱塗りの門で、県庁前バス停からほど近いところにあります。

1984年の修理で、もともと朱色に塗られていたことがわかりました。

門を後ろに、前面に桜をかぶせて撮影してみてください。

 

2 紅葉溪庭園前から二の丸庭園に向かう道沿い

f:id:usagiwaka:20170407115441j:plain

 

 

f:id:usagiwaka:20170407115446j:plain

追廻門を入って左手の大きな広場は、徳川時代に拡張された「砂の丸」で、しばらく左手側に歩いていくと、下に降りていく階段があります。

浅野時代に鶴が飼育されていたとされる「鶴の溪(つるのたに)」から紅葉溪庭園前をへて、二の丸にいたります。

二の丸南側の歩道に桜並木があります。

 

3 二の丸御橋廊下 入口 (二の丸大奥跡前)

f:id:usagiwaka:20170407132355j:plain

二の丸には、お殿様やお姫様が暮らす御殿がありました。

表(おもて)は政務を行う場所、中奥はお殿様の居住空間、大奥はお殿様の私的空間および奥女中が暮らす場所でした。

大奥から、西の丸へは御橋廊下が架けられていました。

もともとは県立博物館があった場所で、現在は発掘調査も済んで、公園として整備されました。

二の丸から続く桜並木と天守閣がきれいに写ります。

 

4 二の丸庭園から

 

f:id:usagiwaka:20170407114937j:plain

私の記憶だと、ここからも天守閣下に咲く桜が見えたはずなんですが…。

ライトアップの関係か、樹木が天守閣に当たるからかわかりませんが、樹木の上半分が切られていました(´;ω;`)

小天守の右あたりにちらっと桜が咲いているのがかろうじて見えます。

 

5 裏坂入口

f:id:usagiwaka:20170407115000j:plain

天守閣方面への登り口は、岡口門から松の丸櫓台石垣の下から登る「表坂」と、二の丸庭園向かいから登る「裏坂」、お白の南側にある駐車場あたりから登る「新裏坂」の3か所あります。

裏坂には、木の根っこが人の形をした珍スポットがあります。

 

f:id:usagiwaka:20170407115011j:plain

 

6 本丸御殿前

f:id:usagiwaka:20170407115021j:plain

f:id:usagiwaka:20170407115030j:plain

裏坂を登って、右側に行くと天守閣にいたりますが、左側はもともと本丸御殿があったところです。今は市の給水設備があるので立ち入り禁止となっています。その手前までは行けますので、ぜひきれいな写真を撮ってみてください。

 

7 天守閣の下

f:id:usagiwaka:20170407115042j:plain

 

f:id:usagiwaka:20170407115050j:plain

本丸天守閣の下は広場になっています。

やや桜は少なめですが、撮る角度によっては、十分桜いっぱいの綺麗な写真が期待できます。

 

8 天守閣埋門(うずみもん)あたり

f:id:usagiwaka:20170407115105j:plain

天守閣の縁部を歩くことができます。北側にパックリ口を開けているのが、埋門(うずみもん)。天気がいいと左手に紀伊水道が望めます。

 

9 松の丸櫓台から

f:id:usagiwaka:20170407115120j:plain

裏坂を登ってきたので、帰りは表坂を下ります。

表坂付近は松の丸とよばれ、岡口門を入ると奥手に大きな石垣づくりの櫓台があります。

その上から岡口門方面を見ると、辺り一面桜色!

ただし、写真に電線が入ってしまうのは悲しい。

 

10 雁木坂

f:id:usagiwaka:20170407115130j:plain

f:id:usagiwaka:20170407115136j:plain

内側の空間を有効に活用できる階段状に石垣が組まれた「雁木(がんぎ)」。

少し奥をぼかして撮影してみました。

 

11 岡口門

f:id:usagiwaka:20170407115143j:plain

岡口門は、場内で残る数少ない現存の建物。

 

 

f:id:usagiwaka:20170407115151j:plain

岡口門から城外へ出て、振り返ってみましょう。

縦構図、横構図どちらでもきれいに撮影できます。

 

f:id:usagiwaka:20170407115203j:plain

f:id:usagiwaka:20170407115227j:plain

 

岡口門をくぐると、天守閣に近づいているはずなのに、岡口門の外から眺めた天守閣よりも小さく見えます。

 

12 瀬藤病院前から

f:id:usagiwaka:20170407115211j:plain

 岡口門を出て、交番と瀬藤病院がある交差点から撮影すると、銃眼付き土塀と天守閣、桜がきれいに撮れます。少し切り取る構図を変えてみるとまた違った写真になります。

 

13 一の橋のしだれ桜

f:id:usagiwaka:20170407115223j:plain

城内で割と早く咲くしだれ桜。一の橋をくぐったところすぐのところにあります。

夜にライトアップされます。 

 

14 一の橋付近 郵便局前

 

f:id:usagiwaka:20170407115242j:plain

 

和歌山中央郵便局前から一の橋を入れて撮影。

桜が散り始めの頃もおすすめです。

 

15 市役所前 御橋廊下とともに

f:id:usagiwaka:20170407115251j:plain

 

なぜか黄色いからし菜がここだけ咲いていました。

小天守の下に桜が見えます。

 

いかがでしたでしょうか。

週末にぜひ和歌山城へお越しくださいね!