きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

非モテに重大な脆弱性を発見!?非モテをモテに変える思考術

f:id:usagiwaka:20170402160931j:plain

和歌山のゲスおいやんブロガー、きゃろたまです。

いきなりですが、みなさん恋愛していますか?モテますか??
モテたいですよね??

 

実は…わたし、

(´-`).。oO{大学1年生から9年間、彼女いなかったんですよね~}

 

 

そのツラさってハンパなかったですよ。

社会人になるとね、どんどん回りが結婚していきます。

(´-`).。oOぼっち感、ハンパネェ~~~~

 

正直、自分のどこがどう悪いのかわからなかったですし、とにかく人間として男として否定された感じが耐えられなかったです。

でも、非モテであったことは、逆にわたしに恋愛についての研究機会を与えてくれました。おかげさまで、29歳には結婚もしました(その後離婚しちゃいましたけどね…)

ごにょごにょP~なことにも、いまはおおよそ不自由はないです。

 

そして、わたしには大きなハンデキャップがありました。

それは、まったくお酒(アルコール類)が飲めないことです。

「練習すれば飲めるようになるよ~」なんてよく言われたけどね、飲むとどうなるか…。

裸踊りします。(しません!)

まず、全身が赤くなって、痒みが走ります。それから猛烈な頭痛に見舞われます。

そして、猛烈な吐き気…。とてもそのあと2次会どころではありません。

ですので、酔った勢いでごにょごにょP~~なことはできないのであります!

こんな、初期条件のなかで、どのようにして「非モテ」を卒業することができたか特別に伝授します!


異性の既婚者に恋愛コーチしてもらって人生の華が開いた!

これは今から15年以上も前の話なのですが、天王寺から地元の駅に帰る電車の中で、

とある女性(Kさん)の隣に座ることになりました。

この日はなぜか、人にいろいろ話したかったのでしょうか、初対面にもかかわらず、Kさんに仕事のこと、恋愛のこといろいろ話をしました。

そうこうしているうちに、駅に着いて、別れ際にメールアドレスを渡しました。

これをきっかけに、Kさんにいろいろ相談に乗ってもらうことになりました。

このとき、総じて言われたことが、


「おまえの考え方が堅い!で、重い!!」でした。

もうひとつ、気をつけるようになったのが、

「他人が思っているほど、自分のことは何とも思っていない。」

ということでした。

 

それからは、好きになった女性を追い込むことなく、不倫や二股、複数恋愛、アセクシャルなど恋愛にまつわるすべての話を受け入れられるようになりました。

そして、男性が女性のことを理解しつついい関係を築いていけるためのアドバイスって、年上の既婚女性が向いているんじゃないかと思いました。

 

なぜ「異性の既婚者」が恋愛コーチとして最適なのか?

同性の意見って、耳をふさいでいても聞こえてきますよね。

女性なら女子会で、男性なら職場や上司との会話の中で。

でも女性なら男性がどう思っているか、男性なら女性がどう思っているか知るためには、やっぱりその人に聞かないとわかりませんよね。、男性と女性とでは恋愛に関して思っていることが違うことが多いのです。

 

ですので、いかに相手の視点に立って考えられるかが、モテのための近道です。

そして、既婚者は、「付き合う→プロポーズ→結婚」という恋愛のプロセスを一通り経験しているので、アドバイスを自分の中に受け入れやすいのと、既婚者ということで、余計な恋愛感情を抱かないようにするためです。

ちなみに、カウンセラーやコーチに恋愛感情を持つことを、専門的には「陽性転移」というのですが、このような状態になったときは、適切なアドバイスの継続が難しくなってしまいます。既婚者のほうがそういう関係に発展しにくいとわたしは思っています。

 

あなたをダメにする「非モテマインド」

 


「あ~~こういう発想しているから自分で自分をモテなくしているんだよ~」
恋愛のことについて、いろいろ学んでいくうちに、

ということに気がつきました。

  1. 自分のありのまま好きになってくれる人がいればそれでいい。
  2. 「どうせ、無理、わたしなんか…」ととにかくネガティブ。
  3. 自分の意見を曲げない。押し付ける。
  4. 相手の距離感をつかめていないうちに告白。
  5. 「戦えないフィールド」で意固地に戦う。

 

  • 自分のありのまま好きになってくれる人がいればそれでいい。

これって、見方を変えれば、「わたしはもう成長しません」と宣言しているようなもの。単なる思考停止です。もっと内面・外面ともに自分に磨きをかけて素敵な人間になろうじゃありませんか。

    • 「どうせ、無理、わたしなんか…」ととにかくネガティブ。

これも、思考停止ワードです。過信は禁物ですが、自分を過小評価せず、もっと自分に自信を持ちましょう!まあ、人間誰しも弱気になることはありますよ。でも、毎度毎度ネガティブなことを言われても楽しくないですからね。

  • 自分の意見を変えない。押し付ける。
    いやいやいや、、、、そういう意見や考えを持ってるからモテないんでしょ?なら、モテる人の意見を素直に受け入れましょうよ。ちなみに、細かい希望や願望があればあるほど、恋愛の幅は狭くなっていきます。
  • 相手の距離感をつかめていないうちに告白。
    いやー、モテないとね、この人を何とか繋ぎ止めたいと思って、自分の気持ちを伝えなきゃ!って思って、すぐに告白して玉砕する人も結構います。告白するならお相手の心を十分に惹きつけてからしましょう。
  • 「戦えないフィールド」で意固地に戦う。
    わたしは、お酒が全く飲めないので、無理してお酒がおいしいお店では勝負はしませんでした。ひたすら「ランチ」と「スイーツ」のいいお店巡りをしました。あとは、お酒がすすみそうな料理が出てくるお店は、同僚や先輩に聞いてリサーチしました。苦手分野を克服ではなく、まずは得意分野をのばすことが大事です。

 

いかがでしょうか??モテない現実を直視することはとてもツラいことです。しかし、モテ術を身につければ、何歳からでも逆転人生を歩むことが可能です。

先日、本屋さんで婚活や恋愛の本を走り読みしたのですが、どうもそれだけではクリアできないと感じました。

非モテで苦しんでるあなた、ぜひ思考をフルモデルチェンジして、逆転の人生、歩んでみませんか??

きゃろたま的おススメの本

ごはんデートのバイブルとして



 

童貞は個人的な性の問題ですが、対人関係がうまく築けないと悲惨な末路が…。