きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

お肌ツルツル!美女湯温泉にいってきた!

f:id:usagiwaka:20170328171923j:plain

 

古座川町の名所「滝の拝(たきのはい)」を観たあとは、ちょっと汗もかいたし温泉へ行こうかと思い、出発します。

 

 

古座川町には2カ所の日帰り入浴可能な温泉があります。

 

ひとつは

南紀月の瀬温泉ぼたん荘


そしてもうひとつは

美女湯温泉

重要なことなのでもう一度言いますよ!


美女湯温泉!!


世の男性方・・・まずはどっちに行ってみたい??

名前に惹かれない??惹かれますよね???

そうだよね!?絶対そうだよ!!

ということでエロたま きゃろたま、古座川町初の温泉は美女湯温泉に決定!!!


ここで素直にナビ通り広い道を行っとけばよかったのですが!

あえて滝の拝から「大桑」地区を通る町道を選択して悪戦苦闘しました。
道幅がとても狭いです。

f:id:usagiwaka:20170328180006j:plain



山道を走るのは慣れてるけどね。

 

 

f:id:usagiwaka:20170328180037j:plain


おう、ところどころ落石のあとが(´д`)

 

f:id:usagiwaka:20170328180058j:plain



「熊出没注意」(゜∀゜) 山深いところなんですね。

 

f:id:usagiwaka:20170328180137j:plain

 

f:id:usagiwaka:20170328180146j:plain

 

ところどころで川のせせらぎを聴きながら…。

 

f:id:usagiwaka:20170328180158j:plain



ふもとに集落が見えてきました!

 

 

 

Googleマップだとマークのあるところあたりです。

 

f:id:usagiwaka:20170328180519j:plain


七川ダム貯水湖です。結構水が貯まっていますね。

道幅の狭い町道を走ること約1時間、やっと着きましたよ!
(もと来た道から一枚岩を通る道だと約40分程で美女湯温泉へ行けます。)

 

美女湯温泉 \(^O^)/

 

f:id:usagiwaka:20170328171923j:plain

 

 

 

 

 

f:id:usagiwaka:20170328180622j:plain

 

温泉は「アルカリ性単純温泉」。

源泉温度はやや低めなので 加熱しています。

浴室は3人はいれば結構いっぱいになります。
ちいさな温泉ですが、泉質はとてもよく、源泉蛇口をひねるとほのかに硫黄のにおいがします。

管理に来ているおねえさん に聞くと、道路を掘ってる時に温泉が湧いたそうです・・・。


ちなみに「美女湯温泉」、読み方なんだが・・・。

「びじょゆ」ではなく「みめゆ」ね!

もう一度言いますよ!「みめゆ」です!

むさ苦しいおいやんの入浴写真は見たくないであろうから!

美人温泉ブロガーYOOMIさんのブログにリンク張らせて頂きました。

shifukuonsen.blog94.fc2.com

お肌もつぅるんつぅるんになったところで、古座川町をあとにします。

 

6月から鮎のシーズンに入ります。
次回訪問の時は鮎料理も堪能したいです(*^-^*)