きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

中小企業のメディア担当者にぜひ読んでほしい1冊~武器としての書く技術

<目次>

  • はじめに
  • 個人でメディアを持つ時代がやってきた!
  • 言い切れないようなことは、言う価値もない!
  • ネタ枯れ、途中でブログをやめてしまうを防ぐには?
  • ブログで稼ぐってどういうことですか!なんか怪しいビジネスとかじゃないですよね!?
  • 書く技術は人生を豊かにする

 



日本の企業数はどれだけあるのでしょうか?

全てが経済活動をしているわけではないのですが、
2015年版中小企業白書によると、大企業は1万1千社、中小企業は385万3千社あります。

中小企業庁 中小企業白書】pdfファイルが開きます
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H27/PDF/h27_pdf_mokujityuuGaiyou.pdf


テレビやラジオを使ってCMを流すことができる資金力のある会社はさておき、
「カネなし、ヒトなし、販路なし」の企業で自社や製品をPRしたり、
ブログを書いていきたい方に必読書としてオススメしたい本がこちらです!

武器としての書く技術 (中経出版)

Kindle






著者はこの方!高知県在住のプロブロガー イケダハヤトさん
http://www.ikedahayato.com/
近著は『まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく』


まだ東京で消耗してるの?

まだ東京で消耗してるの?
著者:イケダハヤト
価格:864円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


個人でメディアを作る時代がやってきた!



ブログをしている方なら一度はお名前を聞いたことがあるはずです。
そしてネット界において強い影響力を持っています。

彼がなぜ、炎上をものともせず強い調子でメッセージを発し続けるのか。


言い切れないようなことは、言う価値もない!

氏は本文中で「言い切れないようなことは、言う価値もない」と書いています。


「ここのパスタ、めっちゃおいしい!」
「ここのパスタ、めっちゃおいしいと思います!」


これはわたしが考えた例文ですが、どちらがおいしそうに感じるかもうお分かりですよね。


もうひとつ

「おまえはバカだ!」
「おまえはバカだと思います!」


どちらが頭にカチンと来るか。もちろん後者。

言葉があふれるウェブ上では、いかに人の心を引きつけるか、
目にとめることができるかが肝になるのです。


第1章では「文章が残念な人の10の特徴」と題して書かれているので、
自分の文章がどういう点で劣っているか、見つめるきっかけとなり、
第2章では「凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法」と題して、
ネット上で人の心をググッと引き寄せる文章術が書かれています。


ネタ枯れ、途中でブログをやめてしまうを防ぐには?


第3章では氏がブログを量産するためのコツが12項目にまとめられています。
どのブロガーさんの意見を聞いても共通して言っているのは、

「書き続けること」

そして更新が止まってしまったら

「いつでも再開すること」

なのです。


ブログで稼ぐってどういうことですか!
なんか怪しいビジネスとかじゃないですよね!?



さらに第4章ではブログで稼ぐ具体的な方法が書かれています。

わたしもここ最近まで「ブログで稼ぐ」ってどういう風にするのか、
全く理解できんかった(笑)

正直胡散臭いとも思ってました(笑)

このブログは直接収益化していませんが、ブログを見て頂いてどなたかの
役に立てばなぁと思ってしております。


書く技術は人生を豊かにする



40歳にして、ふたたび新しいブログを立ち上げたのは、ブログを通じて
もっと和歌山のことを知ってもらいたいなと思ったからなのです。

そして、これより前に書いたお見合い大作戦の記事を見た方が、
「書いてくれてありがとう」とお礼を言ってくださいました。

あなたも書くことでさらに人生を豊かにしてみませんか??