きゃろたんぬの小窓

歴史とグルメと和歌山と

和歌山市雑賀崎をぶら散歩!

DSC_7884

 

和歌浦からさらに海岸沿いの曲がりくねった道を車で20分くらい走ると、雑賀崎地区にたどり着きます。

和歌浦・雑賀崎一帯は、旅館が立ち並び、かつては和歌山を代表する観光地として栄えましたが、 レジャーの多様化により、廃業が相次ぎ、解体もままならない状態になっています。

雑賀崎でぜひ訪れて欲しいのは「番所庭園」です。

 

 

 

番所庭園(ばんどこていえん)

ここは、江戸時代末期に紀州藩の遠見番所が置かれたところで、現在は庭園として整備され、ときどき時代劇やサスペンスのロケ地としても使われています。

DSC_7883

半島からにゅっと突き出ているので、眺めは最高です!

DSC_7885

庭園への入園料は600円とまずまずの価格ですが!? 予想外の事態発生。

駐車料金が車1台につき500円かかります・・・・・・・・。

知らんかった、しかも観光地の駐車場って普通は無料よね・・・・。

でもどこの観光地も苦戦してるだろうし、地域貢献になるのならと、潔く500円をお支払い。

きゃろたま
きゃろたま

ほな、この辺り散歩したいのでしばらくここに停めさせてな!

ということで、周辺を散策しました。

雑賀崎灯台

番所庭園駐車場から徒歩10分ほどで雑賀崎灯台に着きます。

駐車場の奥に、「鷹の巣遊園」という怪しげな看板が!

DSC_7896
DSC_7897

入口は鉄条網で覆われていて、通ることができません。

ここもなぜか駐車場料金がかかります。(2時間300円)

DSC_7889

ワンちゃん一家がお出迎え

DSC_7898

灯台周辺でトンビが狂喜乱舞

DSC_7893

こういう景色を見たかったんだ。

雑賀崎台場跡

もう1か所、江戸時代末期に紀州藩の海岸防備のためにつくられた「雑賀崎台場跡」に。

DSC_7901
DSC_7902

歴史マニア大興奮のところだと思うが、基本的には建造物はないです。

雑賀崎漁港へ

番所庭園から歩いて行くと、集落の小道を通ることができるのですが、車で行く場合は、遠回りして行かなくてはいけません。

雑賀崎漁港の市(いち)は、夕方から始まるので料理人や一般市民でごった返します。

混雑を避けるために、漁港の奥まったところにあるカフェ「ルヴォーグ」へ。

関連ランキング:カフェ | 和歌山港駅


image

今日甘いもの食べ過ぎですね。

ここで、一時間ほどくつろぎました。

DSC_7908

漁師さんの話では、これから年末に向けては魚が安くなるとのこと。

ただし、エビは除くとのことで、これから旬を迎える「足赤エビ」をGET!

DSC_7910

漁師のオネーチャンに、「これ1尾何グラム?」と聞いたら笑われちゃいました。

この日は、1kg3500円でした。1kgだと15尾くらいあります。

たくさんはいらなかったので、500gいただきました。

いかがでしたでしょうか?和歌山にお越しの際はぜひ雑賀崎地区へ。